HomeAway

このページでは、民泊サイトHomeAwayの特徴、リスティング数、手数料、登録フローなどについて紹介しています。

Airbnbと双璧をなす民泊サイト「HomeAway」

民泊サイトと言えば、日本ではAirbnbの知名度が群を抜いていますが、世界的に見ればこのHomeAwayも負けてはいません。190か国、3,200万人もの人が利用するなど、民泊サイトのなかではガリバー的存在と言えます。

HomeAwayはアメリカで誕生した民泊サイトで、2005年にサービスを開始して以降、世界各国の民泊サイトを次々と買収し、2011年にはナスダック上場。2015年12月にはエクスペディアに買収され、現在は世界最大規模を誇るオンライン・トラベル・エージェンシーの一員に名前を連ねています。その意味では、ユーザーからの評判も含めて信頼感は抜群の民泊サイトと言えるでしょう。

そんなHomeAwayには世界190か国、約100万件の物件が掲載されています。このうち日本の物件のリスティング数は約1,100件。欧米生まれの民泊サイトのなかでは「Airbnb」に次ぐ数の多さです。

ゲストが民泊サイトを通じて宿泊場所を探す際、通常は立地や価格などの条件で候補を絞り込んでいくわけですが、HomeAwayには「Experience(体験)」という項目があって、「Luxury」「Romantic」「Adventure」「Nightlife」といった条件でも候補が絞り込めるのがユニークなところ。「自分にぴったりの部屋が探せる」と、ゲストからの評判も上々です。

ホストとして物件を登録するには?

HomeAwayへの物件の掲載は完全無料。予約が確定した際にだけ、3%の手数料が発生する仕組みになっています。

シンプルで使いやすいインターフェイスが評判のHomeAwayですが、そのなかでも料金設定機能は使い勝手がよく、たいへん便利。たとえば駆け込みディスカウントを始めとした特別なディスカウントにも柔軟に対応できる機能をそなえているため、より多くの問合せや予約につなげていくことができます。

なお、HomeAwayへの物件の登録は、具体的には以下の流れで行います。

  1. 新規登録
  2. プロフィール写真をアップロード
  3. インフォメーションの入力
  4. スペース(物件)の詳細・設備・特徴を入力
  5. 宿泊価格の設定
  6. 保証金・追加料金の設定
  7. リスティングの写真をアップロード