6.ゲスト対応サービス

このページでは、Airbnb運用代行におけるゲスト対応サービスの内容と必要性について紹介しています。

Airbnb利用で想定されるトラブルとは?

「ゲスト対応」というと、事前の問合せや予約に関することなど、ゲストが宿泊する前段階での対応をイメージする人も多いかもしれません。

ホストとして高評価を獲得するために「利用前の対応」を迅速に行うことはもちろん重要なのですが、それに加えて「利用中の対応」、ならびに「利用後の対応」を適切に行うことも同じくらい大切です。

ゲストが利用している最中、もしくは利用した後にホストとして特別な対応が求められるケースというのは、何かトラブルが発生しているケースだとも言えます。

Airbnbを活用した宿泊において、どのようなトラブルが想定されるのでしょうか。

宿泊場所への行き方

Airbnbのゲストが最初に直面しうるトラブルは、「宿泊先までたどり着けない」というもの。予約時に宿泊先の住所を教えるものの、外国人旅行者が慣れない日本の地において、住所だけで宿泊先を見つけるのは決して簡単なことではありません。

そこでゲスト対応サービスとして、住所だけでなく事前にGoogleMapのURLや、最寄り駅から宿泊先までの写真付きガイドも併せて送っておくと親切です。さらに、鍵の受け渡しを直接行うサービスもあれば、ゲストの安心感、ひいてはホストに対する評価は一層高まります。

宿泊先に無事たどり着いたあとのトラブルとしては、設備に関するトラブルも想定されます。

設備情報の偽り

Airbnbに登録する際、設備の有無も記入するわけですが、本来あるはずの設備がなかった場合にはトラブルにつながる危険性が高いので注意が必要です。

特にWi-Fi環境に関しては、単に設備としてあるだけでなく確実につながるかどうかが重要なので、その点の目配りも欠かせません。

室内・野外での迷惑行為

宿泊したゲストが騒ぐなどして、近隣の住民との間にトラブルが発生する恐れもあります。

そのようなトラブルを未然に防ぐためには、「大声を出さない」「外で騒がない」など、予約段階で注意を促したりハウスルールを作成したりするといった対応が有効ですが、それでもトラブルが起きてしまったときのために、即座にかけつけて対応することができる体制を整えておきましょう。

ただ、ホストが自分ひとりで24時間寝ずの番を行うわけにもいきませんので、そこは運営代行会社が提供している「ゲスト対応代行サービス」を利用するのをおすすめします。