2.清掃代行サービス

このページでは、Airbnb運用代行における清掃代行サービスの内容と必要性について紹介しています。

手軽にキレイに!Airbnb運用代行会社による「清掃代行サービス」

Airbnbのホストが必ず行わなければいけない業務に「部屋の清掃」があります。

たかが「部屋の清掃」と思われるかもしれませんが、このなかには居室(リビング、寝室など)の清掃はもとより、キッチン・トイレ・バスルームといった水回りの掃除や、ベランダ・バルコニーの掃除などもすべて含まれます。

またAirbnbでは、シーツ・タオルの交換や、トイレットペーパー・せっけんといった備品の補充も、「部屋の清掃」の一環としてホストが行わなければなりません。

自分が居住するための部屋であれば清掃の程度もそこそこでよいのかもしれませんが、ゲストを泊めてお金をもらうわけですから、そういうわけにはいきません。求められるのは、ホテルレベルの清掃と心得るべきです。

こうした部屋の清掃を行うにあたり、ホストが選択できる手段として3つの方法がありますので、それらを比較しながら見ていきましょう。

1.自分で行う

清掃業者などに依頼せず、すべてを自分で行えば費用が浮き、安く済ませることができます。

ただし、Airbnbにおける「部屋の清掃」は多岐にわたり、かつホテルレベルの質も求められますので、それを自らの手だけで行うのはかなり難しいということを理解しておきましょう。

2.業者に依頼する(清掃代行のみ)

自分だけでは手が行き届かないという場合は、清掃業者を利用することが多いでしょう。

Airbnbのホストとして必要としているサービスが清掃代行のみであれば、「部屋の清掃代行のみを依頼する」という方法を選ぶとよいです。

3.業者に依頼する(管理運用も依頼)

業者にお願いする場合、清掃のみを代行してもらうだけでなく、「ほかの管理運用と併せて一括で依頼する」という選択肢もあります。

清掃のみを代行するケースは意外と稀で、管理運用業務も同時に依頼することが多いという現状。また、両方を一括で依頼したほうが結果的に料金も安く済むのでお得なのです。

「清掃のみ」「管理運用も依頼」のどちらを選ぶかによって事情は少し違ってきますので、自分に合った方法を選択するようにしましょう。

  • 時間に余裕がある人は「自分で行う」
  • 時間に余裕がない、または質の高い清掃を行いたい人は「業者に依頼する」
  • まとめてお得に管理運用をお願いしたい人は「一括で依頼する」