ゲストに喜ばれるおもてなしは?

 Airbnbで京町屋を貸し出しているスーパーホストのShoさん。日本人はもちろん海外のゲストに喜ばれるための工夫とは?物件の売りやコンセプト、おもてなしについて教えてもらいました。

スーパーホストShoさんにインタビュー【おもてなし編】


――誰もが一度は泊まってみたい京町屋ですが、Shoさんが考える物件のコンセプトを教えてください


「友人同士の旅行ではなく家族旅行がターゲットです。『日本の文化を感じながら家族で落ち着く民泊』をテーマに掲げて運営しています。家族で宿泊した際、自分の部屋のような居心地の良さを感じていただきたいと思い、調理器具などもすべてこちらで用意。

そして、海外のゲストに日本の文化を感じていただきたかったので、ベッドではなくあえて和製の敷布団を使用しています」


――Shoさんは東京の方ですよね。なぜ京都を選んだのでしょうか?


「訪日外国人が増えていることを受け、海外のゲストに人気の高い都市である京都を選びました」


――なかでも町屋を選んだ理由は?


「海外の方々に、まずは日本の良さ、京都の良さを体感してもらいたいという思いからです。その思いを代行会社さんに伝えると、町屋の物件を紹介してくれました。ビジネス視点でいうと、町屋を改装して簡易宿所を取得すれば民泊運用が可能になり、立地的にも法律的にも中長期運用ができると確信したので町屋を選びました」

町屋を改装した民泊施設


――宿泊施設が不足しているとされている日本で民泊ニーズが高まっていますよね。これまでに宿泊してゲストの出身国でもっとも多い国はどちらでしたか?


「中国、また台湾のゲストが多いですね。みなさんキチンとハウスルールを守ってくれる方ばかりですよ」


――海外のゲストに好評なインテリアや設備を教えてください


「和風なインテリアと日本を体験できる敷布団はゲストから好評ですね!設備面では、玄関をオートロックにして、暗証番号で開錠できるようにしている点が、手間が少なくて良いと喜ばれています」


――評価に直結するおもてなしとは何だと思いますか?


「数えるとキリがないですが、ゲストが困った時のメッセージ対応は大切だと思います。また、事前に用意しておくものとしては、20ページほどの多言語ハウスガイド、ゲストが迷子にならないためのテロップ付き道案内動画、近隣のおすすめ飲食店の紹介などですね」


――ゲストにとってありがたいことばかりですね!Shoさんのアイデアですか?


「代行会社のサービスのひとつです。それに、ホストがひとりですべて対応するのは不可能ですよ(笑)。全部、代行会社が対応してくれています。今まで宿泊したゲストからは、ガイドや動画、メッセージ対応が素晴らしいと★5評価をいただいています」


――スーパーホストになってから何か変化はありましたか?


「変化と言われると正直あまり実感がわきませんが、スーパーホストになってからは2ヶ月先まで予約が入るようになったのは嬉しいですね」

  AirbnbスーパーホストShoさん
プロフィール 32歳男性(東京都在住)
Airbnbホスト歴 6ヶ月(スーパーホスト歴4ヶ月)
物件所在地 京都府京都市中京区(二条城すぐそば)
物件タイプ 一軒家(2階建て)※65年の京町屋を改装
運用代行会社 ファミネクト:http://www.faminect.jp/(公式サイト)

インタビューまとめ


  • 海外ゲストの方には、和風のインテリアと敷布団を用意しておもてなし
  • 代理会社によるガイドや、道案内動画がゲストから高評価
  • スーパーホストになってから、2ヶ月先まで予約が入るようになった

海外のゲストに好まれるのは、日本らしさを感じる畳の部屋やインテリア。日本を少しでも知って欲しい・楽しんでほしいとしたShoさんのおもてなしの心が、ゲストからの評価としてはっきりと目に見える形で表れています。代行会社による細かな対応も評判が良いとのことで、そちらもスーパーホストの評価を支えている一因と言えそうです。

Airbnbをはじめたきっかけは?←BACK NEXT→簡易宿所の登録申請は?